「未分類」カテゴリーアーカイブ

手の甲と指の毛が気になります

手の甲と指の毛を脱毛したいと思っています。

もともと脱毛経験はあり、すでに腕、足、背中、VIO、顔はしました。目立つ部分ですし、だいたいの脱毛の広告はこのあたりの部位のため。

<参考サイト・・・脱毛福井市

今は、とにかく手が気になります…。

腕の脱毛をした際に、手は+でオプショナルの追加料金が必要だと言われてどうせ自分でよく見える部分のためカミソリで自分でそればいいと思い脱毛をしませんでしたが、結局けっこう忘れてしまいます。

私は、歯科衛生士のため普段はグローブをしており手の毛は見えません。そのせいもあり忘れてしまうことが多いのですが
先日、患者さんに術後の説明をする際になかなか理解してもらえなかったためにグローブを外して紙に絵を書いて説明をしていました。

その時に、手の毛を見られているのを自分でものすごく感じて恥ずかしかったです。
それから、付き合って2周年記念に彼氏からペアリングをもらった時のこと。

すごく嬉しくてありがとう。と何度も伝えていい雰囲気だったのですが、彼から指輪をはめているところを見たいから見せて。と言われ、彼氏に指輪をはめてもらったのですが案の定、手の甲だけではなく指の毛も剃り忘れていたために、彼氏にばっちりと見られてまた指摘されました。

本当に恥ずかしかったです。
彼氏にいわく、私の場合は色白なためにすごく目立つそうです。

私自身、インスタグラムやファイスブックで友達が婚約指輪をはめたアップ写真を見る機会がよくあるののですがけっこう指と手の甲には目がいってしまいます。

特に、ネイルをしている人の手はもともと目がいきやすいですし。

いくら綺麗なネイルをしていたり、ヘアスタイルもパーマで綺麗に巻けていても、指輪と手の甲に毛が生えているだけで、なんだか女子力が下がってみえますしこの人は毛深い人なのかな。

毛のことはあんまり気にしないおおざっぱな人なのかな。と自分を棚にあげて思ってしまします。

昔、CAの仕事をしていた時によく美人は手の先まで綺麗にしなければならない。と言われたこともあり、やはり指や手の甲の毛までしっかりとケアはしなければならないと思い脱毛をしたいと思っています。

毛深くていいことなんて何もない!

私は30代後半の女性です。私は、自分でも女性のわりにはけっこう毛深い体質だと自覚しております。例えば、足なら膝から下はムダ毛の処理をせずにほっておくと、針金のように太い毛が生えてきてどんどん伸びていきます。

腕もまた同じ状況であります。そんな状態なので、常にムダ毛の処理を怠っていないかどうかを気にしなくてはならなくことが本当にストレスです。

しかも、我が家には小さな子供が2人おり、毎日が子育てと家事でいっぱいいっぱいなのです。体や美容等の自分のメンテナンスに費やせるお金や時間なんて、ほぼないに等しいと感じています。

でも、ムダ毛をほっておくと針金みたいになってしまうので、入浴ついでにカミソリでザーッと処理するしか方法がありません。

同じ女性なのに、ムダ毛があまり濃くなくて悩んでいないという方もいらっしゃると思いますが、この違いって一体何なのでしょうね。

ホルモンバランスの違いなのでしょうか。いずれにしてもムダ毛の濃さも個人差があるのはわかりますが、どうせなら私もムダ毛が薄いタイプだったらよかったのにといつも思います。

中学生の頃、一番仲の良かった親友と一緒に修学旅行でお風呂に入った時のことです。その時に「あなたって意外と毛深いのね。

さっきお風呂で背中を見たら、けっこうフサフサとした毛が生えていたわよ。」とご丁寧に教えてくれました。腕や足は自覚があったけれど、まさか背中までそんな状態になっているとは思ってもみませんでした。

それからというものの、私のムダ毛処理は腕と足とワキに加えて、背中もカミソリでできる範囲は剃るようになりました。

子育て中で時間がない今でも、やはりムダ毛の処理にはけっこう気を使います。だって、ふと他人に見られた腕や足から剛毛が生えていたらそりゃ恥ずかしいですからね。

ムダ毛が濃いと本当に悩みばかりが多くて、いいことなんて何一つありません。コツコツお金を貯めて、いっそのこと永久脱毛(奈良市で脱毛するならどこがいい?脇や全身脱毛が安いサロンを発見)でもしようかと密かに企んでいる今日この頃です。

見栄をはるほどお金はかかる

高校生・大学生になると、女子は化粧する必要が出てくる。無論、強制でもないのだが、大抵の女子は周りに合わせて化粧をして通学する。

化粧品というのはピンキリあるのだが、見栄をはる女子はプチプラ、いわゆる安物の化粧品を持ち歩くことを恥ずかしいからといって嫌がる。従って、お高い化粧品を買うようになる。

そのように見た目にこだわる女子は当然のごとく服装にも気を遣う。化粧品同様、安物を着て歩くのを避け、見栄を張ってブランド物を買うとその分お金は無くなる。

また、女子というものは共に出掛けて遊ぶことで結束を深める。付き合いが大切な学生にとって断ることはできない。出掛けるのにもお金はかかる。電車賃、バス代、定期範囲外であれば更にかかる。

また、女子が好むようなお洒落で可愛いお店というのはメニューそれぞれが高い。しかし見栄を張って食べる。だから、出掛ける度にお金は無くなる。

上記にあるように、付き合いが学生、そのなかでも女子にとって大事である。だから今のご時世携帯電話・スマートフォンは手放せない。月々の電話代に加えて、通信料もバカにはならない。

このように学生は学生でお金がかかるのだが、そうした時に親に養われている学生であれば親に泣きつくしかないが、バイトのできる学生であれば必死になって働くのが一番早い。

飲食店・コンビニが学生バイトではポピュラーだ。マニュアルが揃っているから学生でも仕事を覚えることができるし、社会勉強にもなる。但し時給はあまりいいとは言えない。

大学生で、きちんとした学があるのであれば、塾講師をしたほうが賢明だろう。時給もある程度いいし、コマが決まっているので就業時間も決まっているので忙しい学生に嬉しい。

学業に専念して時間がないというのであれば、休日に纏めてちょっとキツい短期の肉体労働をすることをすすめる。つらい分まとまったお金が手に入るし、そのお金を即日に手にすることができるからである。

また、大学生なら水商売の仕事をするのも一つの方法だと思う。水商売というとちょっと抵抗があるかもしれないが、時給がかなり高いので魅力的な職種の一つだ。

現に私も、学生の時に水商売の仕事をしていた事がある。慣れればこんなに良い仕事他にはないと思ってしまったぐらいだ。

ただ、金銭感覚がくるってしまい、最終的にはキャッシングでお金を借りるようになってしまったが。。。(ここで・・・ キャッシング水商売

水商売の仕事は、しっかりと金銭感覚を保つことが大事だ。

毛深いせいで、オシャレも海も全然楽しくありません!

群馬県前橋市在住の30代女性です。

中学生の頃、クラスの子に「めっちゃ毛が生えてるね。どうして剃らないの?」と言われ、それ以降自分でムダ毛処理をするようになりました。

剃ると肌が荒れてブツブツなったり痛かったり、黒い点々が残って見苦しくなりました。

脱毛クリームなども試しましたが、すごく面倒なのにあまり効果がなく、すぐに止めてしまいました。

足を見せるのが恥ずかしいのでスカートやショートパンツは全く履きません。脇も見られたくないのでタンクトップやキャミソールなどの袖のない洋服も着られません。

なので、若い頃からオシャレの幅が広がらず、いつもTシャツとジーンズばかりでした。

今はエステの脱毛がずいぶんリーズナブルになってきましたが、私が10代20代の頃は十数万円?数十万円もして高額だったため、気軽にエステに通うことはできませんでした。

オシャレをしたり、海でかわいい水着を着たりということもできませんでした。

水着を着ても、腰からストールを巻いて足をなるべく見せないようにしたり、正座をしてすねを見せないようにしたり、脇も絶対に開けないようにします。

そんな事ばかり気にしてしまい、海やプールに行っても全く楽しくありません。

毛深いせいで、若い頃の楽しいはずの時間がずいぶん無駄にされてしまったようで、心残りです。

30代になった現在でも、毛深いことに悩んでいます。思い切って脱毛に通うことにし、このサイトで見つけた脱毛サロンにこの間カウンセリングに行ってきました。(※参考サイト⇒脱毛前橋市

昔ほどオシャレをしたいという意欲はないのですが、子どもがいるので夏休みなどにプールや海に行く機会がとても増えました。

なるべく肌が出ない格好をしています。水着の上からUVカット用の長袖シャツを着て、水着用の短パンにレギンスという完全防備です。

今でもかわいい水着を見ると「いいな」と思います。

海は好きなので、できれば沖縄でもハワイでも行って、南の島のきれいな海を楽しみたいのですが、そんな南の島でも完全防備かと思うと楽しさも半減です。

他にも、眉毛がすぐにボーボーになるので処理が面倒だったり、口の周りはヒゲのようになるので頻繁に処理しなければなりません。

少し油断をするとおじさんになってしまいます。

それでも今は若い頃ほど辛くありませんが、毛深いせいで人生の楽しみの半分近くを失っていると思っています。

早く脱毛を完了して、自分に自信を持ちたいです。

 

プロフィール

この間、友人に貸してもらった「Lake Placid Blue」が良かったので、何度もリピートして聴いています。
特に「ヒカリビト」がお気に入り。
今は活動していない…のかな?また活動再開をするのが楽しみなバンドですね。

プロフィール

2009年
高校時代からバンド仲間として共に音楽への道を歩んできたVo飯塚晃一とGt大野武志を中心にKeyのYuが加わり2009年11月結成。

 

2010年
株式会社リトルウィングの第一弾アーティストとして所属が決定。
横浜、都内を中心に活動スタート。
4月 LPB初となる「ヒカリビト」「MESSAGE」の着うたをフォーライフミュージックエンタテイメント配信。
10月 「Another Sky」を配信。
11月 「余韻」を配信。

LPBは次第に口コミで広がり、その人気はTVも取り上げられ
横浜の路上ライブは結成1年も満たない間に100人のファンが駆けつけることもあった。

 

2011年
1月 1230@ハマランチョに出演。1stALBUMの製作発表を行う。
4月 LPB初となるワンマンライブ「青色人集Vol,1 ~LPBと魔法の世界と君と… あとちょっとカズノと。~」開催。
4月 1stALBUM「Lake Placid Blue」を発売。
7月「秘密の合図」の着うたを配信。
11月「結び目」「ポーカーフェイス」の着うたを同時配信。
11月 2回目となるワンマンライブ「青色人集Vol,2 ~2nd Anniversary 僕らの結び目~」開催。

 

2012年
2月 主催企画「青紫」開催。
3月 FMサルースにて初のラジオ番組「Lake Placid Blueの青きトリオの屋形船」がスタート。
6月 3回目となるワンマンライブ「青色人集Vol,3 ~ブルーナイトヨコハマ~」開催。路上にて先行販売されたチケットに「REVIVAL」「足跡」の新曲をCD特典として購入者全員にプレゼントした。
12月 4回目となるワンマンライブ「青色人集Vol.4〜青なる十日前夜のクリスマス〜」 を開催。

 

2013
10月 LPB2枚目となるAlubm「azul」をリリース。
11月 5回目となるワンマンライブ「青色人集Vol.5〜azul〜」 を開催。
同月 Gt大野武志がLPBを脱退。